忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/17 23:57 】 |
ギャンブル産業 全世界で急成長=カジノがけん引
全世界でギャンブル産業の売上高が4000億ドル(約32兆3000億円)を上回った。2年後には5000億ドルに達するとみられる。

 韓国の射幸産業統合監督委員会によると、英ギャンブル産業コンサルティング会社GBGC(グローバル・ベティング&ゲーミング・コンサルタンツ)の集計結果、昨年のギャンブル産業の世界売上高は前年比5.6%増の4200億ドルに迫った。

 宝くじの売上高が全体の28.4%で最も大きく、カジノが27.7%で僅差(きんさ)に迫っている。ただ、今年はカジノの売上高が宝くじを上回るとGBGCは予想した。シンガポールが新規カジノをオープンし、欧米なども許可を増やしているためだ。

 GBGCによると、全世界のギャンブル産業売上高は2014年に5000億ドルを突破すると予想される。
 韓国でもギャンブル産業の規模拡大に対する要求が高まるとみられる。企画財政部は韓国の宝くじ発行限度が先進国の半分程度に過ぎないとし、発行限度を現在の2倍に増やす案を推進している。
 また、中国観光客を狙ったアジアカジノ市場の競争が激しくなるとみられ、韓国でも規模拡大に対する要求が高まると予想される。

PR
【2012/03/07 18:36 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<業務上横領:保険金横領、後見人の兄起訴 | ホーム | 為替はなぜ儲かるか>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>